[ Chemical Trail (ケミカル・トレイル) ] vol.1
* chemicaltrail関連 / mp staff

[ Chemical Trail (ケミカル・トレイル) ]

ケムトレイルという言葉を知ってるだろうか。
まずはこの写真を見てほしい。

これがケムトレイルと言われるものだ。
簡単にいうと飛行機雲の様なものだが、見てわかる通り私たちが普段から目にしている飛行機雲とは少し違う。

ケムトレイルと言われる雲の写真は縦横斜めランダムに何重にも飛行機雲を重ねたような形をしている。(碁盤の目のようなパターンもある。)
まるで何かを撒いているような、それも、まんべんなく。


「(生物)化学物質の散布」
ケムトレイルは多くの人からそう認識されている。


特徴として、以下のことがあげられる。

・飛行機雲より長時間残留し、本格的な雲に変化していくことが多い。
・大気中に残留化学物質などが確認され、周辺地域で健康被害が報告されることがある、出現の直前に軍用機などが飛行している。

これはアメリカ・日本を含め世界中で目撃例が報告されている。

とても身近なものなのだ。

これは東京で撮影された写真のようだ。

違和感を感じてしまう雲である。


化学物質が散布されているとして、その中身について。
ケムトレイルによって鎮静剤、バリウム、アルミニウム、ウラン、感染する病原体などを含む26の金属、
およびドラッグが投下されているとういう報告がある。
また、寄生的な線虫卵の調査結果の報告もある。


しかし、上記のような物質が散布されていたとしてそれは一体なんのためなのか。


1.上空に幕を張り太陽光を遮るこよによる地球温暖化防止

2.人の免疫力を落とし、疫病にかかりやすくさせるため

3.電磁兵器の効率を高めるための電磁媒体散布

4. ウイルス等の散布

などと言われている。


ケムトレイルという言葉を初めて使ったアメリカの研究者/ライターのエイミー・ワージントン(Amy Worthington )によれば、
「ケム・トレイル」とは「ある殺人的プロジェクトに係わる航空機から散布された何トンもの微粒子状物質」であり、
「アスベスト、バリウム塩、アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を含んでいる」とされる。

またワージントンは、このプロジェクトは「アメリカ国防総省、アメリカエネルギー省、国立研究機関、
大学、民間の防衛産業、製薬会社などが係わっている巨大な組織」が推進しているものであると述べ、
さらに「航空機から散布された何トンもの微粒子状物質は、大気を高電荷の導電性プラズマにする」、
また、「それらは地震を引き起こす地殻操作兵器などのために、荷電した大気を人為的に操作するためのものである」などと報告している。

ただし、これらの具体的な技術に関しては言及されていないようである。

 

また、ケムトレイルは「クローバーリーフ作戦:operation cloverleaf」と呼ばれる場合もあるようだ。
「クローバーリーフ作戦」の内容はこうだ。
-------------------------------------------------------------------------------

航空会社は政府筋からの援助を受ける見返りに、機体後部から主翼にかけて特殊な「改造」を受け入れる。
機体後部の汚水施設に近接してタンクが配置され、ここに汚水処理車に偽装した作業車からケムトレイルの物質が充填される。
旅客機の飛行中は、このタンクから主翼に延びたパイプまでケムトレイルの物質が運ばれ空中に噴霧される。
ポンプなどの制御は衛星から行われ、機長以外にはこの作戦は知られることはない。

-------------------------------------------------------------------------------

上記のことが本当なのかは定かではないが、他にも

・太陽光線を遮断して皮膚ガンなどの病気から守るための作戦である。
・レーダー電波の遮断実験である。
・雲を人工的に作る「降雨実験」の一環である。
・様々な病気に対しての抵抗力を付けさせるワクチンである。

などという声もある。

もしくは「何てことはないただの飛行機雲だ」という人もいる。


しかしながら、多くの人が疑問を抱いているこの違和感のある雲・ケムトレイル。
健康被害が出ているのなら、その正体・何かを散布しているならその散布理由の究明が必要であろう。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------



Chemical Trail Tシャツ販売中。
4500ィエン。カラー・ボディのカスタマイズ可。
購入はこちらから

[Mass Projectile] since 2008.
Web: http://www.massprojectile.com/
E-mail: info@massprojectile.com

| comments(2) | trackbacks(0) |
pagetop
<< [ H.A.A.R.P -気象・地震兵器の存在- ] vol.1 | main | [ Chemical Trail (ケミカル・トレイル) ] vol.2 >>
そうですね、俄かに信じられる事では有りません。

所で『暴き系』というのを聞いた事が有りますか。要は大手マスコミのタブーをばらす方々です。
 副島隆彦、ベンジャミン・フルフォードを筆頭に、大手マスコミ出身ではない、リチャード・コシミズや反ロスチャイルド同盟の安部芳裕等です。 この辺を知れば、ケムトレイル位は平気でやるとわかりますよ。
 ちなみに、『独立党|トップ』の動画ギャラリーでリチャード・コシミズが講演を公開しています。お暇が有れば、大手マスコミよりは面白いですよ。ちょっと、暴き系ネタを披露しますね。
1、911事件はアメリカの自作自演。

2、北朝鮮のテポドン発射はおかしくないですか。将軍様はアメリカと喧嘩をする勇気は有りません。やったらすぐやられますから。実は発射を命じているのはアメリカ(ロックフェラー)です。すると、日本はMDミサイルを買いますね。そのご褒美に将軍様はお小遣いを頂けるのです。つまり、アメリカと北朝鮮はグル。

3、日本の財閥とユダヤ財閥の違いがわかりますか。それは、中央銀行を私物化する事です。米連銀は国営では有りません。ロックフェラーの銀行です。
中央銀行の私物化=国の私物化。 ユダヤ財閥、ロックフェラーは凄いと言っても、実は大変なズルをやってるわけです。

4、ロックフェラー、ブッシュ、クリントン、チェイニー、ラムズフェルド等、閣僚級、エスタブリシュメントはアングロサクソンを偽装した隠れユダヤ(マラーノ)。ですから、イスラエルには甘いんです。

ま、少数派支配の問題点は多数派を倒す為にはあらゆる謀略を弄す必要があるんです。
少数派の出自を隠す為には、フリーメーソン等、秘密結社が必要です。その上にイルミナティが有りますが、彼らは人口削減を企んでいます。人口が多いと、耕作地も必要で環境にも悪いし、狩りに行っても獲物を多数派のゴイムに先にとられてしまうのが気に入らないとまで言ってます。

人口削減にはシャンプーなどには女性の子宮が機能しなくなったり、その子の精子が減ったり、ペニスが小さくなって繁殖力が無くなる様にして、何世代かで人口を減らそうとしています。

散布剤には、その他に、アルミ、バリウム、モルジェロン繊維、アレルギー物質から、発がん性物質まで色々入ってます。

 『ケムトレイル・気象操作掲示板』も宜しくお願いします。

MR.T (2010/06/19 6:29 PM)
コメントどうもです!
情報ありがとうございます!
参考にさせていただきます!
mp tokyo (2010/06/22 6:07 PM)









url: http://mplog.jugem.jp/trackback/52
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
Mass Projectile