[ AMERO -North American Currency Union- vol.1]
* AMERO関連 / mp staff

 [ AMERO -North American Currency Union- ]


アメリカのメディアCNNが報じていたことだが、アメリカ・カナダ・メキシコが一体となって北米経済圏をつくるという構想があるようだ。
それは2010年までに実現されると言われていて、この連合は「NORTH AMERICAN CURRENCY UNION」通称「NAU」と呼ばれるようになるとのこと。
「NAU」で使用される(ユーロの様な)共通の通貨がすでに用意されているらしく、それを「AMERO」と呼ぶ。


CNNが報道したニュース・AMERO動画


その報道によると、アメリカ・ブッシュ前大統領は、カナダ・メキシコと安全と繁栄のためのパートナーシップを結ぶためだと言っていたようだが、
実態は 「アメリカ連合国家」を作ることを目指したも のであるとのこと。

国境を開くことについては、アメリカの有権者からも議会からも指示されていない。
三カ国の大統領たちは、お互いに規制を緩和させて三カ国の関係を深め、2010年までに北アメリカを統合させるつもりのようだ。

メキシコの新大統領はそのアイデアを進展させたいという意向である。
しかしながら、メキシコの議会はそのことについて何ら関与していなく、大統領の暴走であるということだ。
メキシコ議会はそういった計画は存在しないと言い、この構想について支持できないとも言っている。

この「AMERO」構想は、カナダとメキシコからの同意が得られればいつでもスタート出来る体制にあるようだ。
ちなみに、WEBで検索するとAMEROの画像が出てくる。

すでに用意されているのだろうか。

もちろんマスメディアの言うこと全てが真実とは限らないが、これは日本のメディアでは取り上げられていない。

 

これは暮らしが便利になるようでまるで良いニュースの様に聞こえるがそういうわけでもない。
「AMERO」への動きは、アメリカ自身が崩壊するドル体制を見込み「新国家体制」を創設ことによって新通貨を発行し、
今のドル体制を自ら終焉させることでこれまでの過去の負債を一挙に清算するという意図があるのではないかと見られている。

 

とりあえず今、ドル暴落の機に乗じて現在のドルを廃止し、新たなドルである通称ブルーノートを発行する計画が進められているという話も出ている。
既にFRBでは密かに印刷されて出番を待っているという話もある。
ブルーノートは国内でのみ流通させ、兌換紙幣になる、また世界通貨としては新しく電子マネーを導入すると言われている。
従来のドルはさらに大暴落し、ほとんど価値がなくなるためアメリカの膨大な借金は一気に解消されることになる。

この話がどこまで真実かはわからない、疑わしい点も多いのでまったくのデタラメかもしれない。
しかしながら、もしこのシナリオ通りにいったとしたらアメリカ国債を大量に抱えた日本はとてつもない被害を受けるだろう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

AMERO Tシャツ販売中。
4500ィエン。カラー・ボディのカスタマイズ可。
購入はこちらから

[Mass Projectile] since 2008.
Web: http://www.massprojectile.com/
E-mail: info@massprojectile.com


| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
| 1/1 |
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
Mass Projectile